名古屋でこだわりの店舗工事|店舗工事 名古屋ガイド

名古屋でこだわりの店舗工事

名古屋城への憧れ

名古屋の店舗工事依頼で多いのが、名古屋城の雰囲気にすることです。
名古屋は東西文化の融合の地であり、独自の発展を遂げた街です。
文化や衣食住すべて独特の、東西にはないものとなっており、オリジナル性が強いものになっております。
名古屋の人は、他と違ったものを見つけたり、発明したりするのが得意なのでしょう。
昨今、歴史好きな風潮が出てきて、各戦国武将もブームになりました。
また名古屋周辺出身の戦国武将は、有名人も多いことから、名古屋が注目されているところもあります。
これらにあやかり、金のしゃちほこで有名な名古屋城をモチーフにした店舗にする人も増えているのです。
ショッピングモールのテナントでは、外装がほとんどいじれないので、本丸内部を表現します。
また路面店では、外装からこだわります。
二階建ての一軒家の二階部分を天守閣に見立て、瓦屋根の両端に金のしゃちほこを飾る人もいるようです。
金のしゃちほこは、本当の金を使うと億単位まで費用がかかってしまうので、メッキとかなるべく安いもので塗装するようです。
金のしゃちほこは、DIYで作ることが多いようです。
内装は、板張りで殿様と家臣が謁見するような部屋や、茶室、炊事場、武器庫、厠などを表現します。
資金に余裕のあれば、甲冑も置く店もあります。
この名古屋城依頼は、最低でも1000万円はかかるでしょう。
ただ、DIYで出来る部分は、とことん自分で工事した方が、コストは抑えられます。
このように、名古屋は独自の文化が発展していき、人々も個性的な感性を持っています。
まず店舗工事をやる前に、どこをどんな風にしていきたいか、なるべく妥協せずにしていけば、名古屋の店舗工事も楽しいものになるはずです。


このページの先頭に戻る